SINGLE POST

◆キレイと元気をつくるレシピ!:パパっとつくれて体が温まる豆乳スープ「鹹豆漿(シェンドゥジャン)」

January 22, 2019

今日は、雪のように真っ白で、簡単で美味しくて栄養いっぱいの台湾の豆乳スープ「鹹豆漿(シェンドゥジャン)」をご紹介いたします。

 

心と体のコンディションを整えていただくために、コンサルテーションでは、お食事のアドバイスをさせていただくことがあります。

 

最近、クライアントの皆さまにおススメしているのが、台湾の定番朝ごはん、鹹豆漿(シェンドゥジャン)。忙しい朝でもパパっと作れて、すぐに体が温まります。

 

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

 

【基本の材料】(1人分)
▪️無調整豆乳 200-400cc
*豆乳だけで作る場合の分量です。私は豆乳100%だと重いので、豆乳と水を半々にしています。

▪️干しエビ 適量

▪️ザーサイ(食べやすい大きさにカット) 適量
▪️パクチー(食べやすい大きさにカット) 適量

▪️青ネギ(小口切り) 適量
▪️塩 適量
▪️ラー油 適量
▪️黒酢 適量

 

【基本のつくりかた】

1. 豆乳、干しエビを鍋に入れて、沸騰しないように注意しながら弱火で温めます。沸騰直前になったら、火からおろします。

 

2. 器にザーサイ、パクチー、青ネギ、塩を入れて、温めた豆乳をそそぎ、ラー油と黒酢をまわしかけます。

 

完成!食べているうちに、塩とお酢のチカラで豆乳がとろとろにかたまってきます。

 

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

 

わたしは鍋のかわりに小さなキャセロールを使用しています。水と火をとおす具材をキャセロールに入れて温め、沸騰したら豆乳を加えて弱火で温めます。最後にパクチーや青ネギをトッピング。小さいキャセロールや土鍋は冷めにくく、そのままいただけて便利!

 

また、その日の体調にあわせて、もやし、白ゴマ、白きくらげ、クコの実などを加えています。もやしは体内のいらない水分を排出し、白ごまや白きくらげは肌を潤し、クコの実は血を補ってくれる食材。ナツメや紅花を入れることも。

 

パクチーは代表的なデトックス食材のひとつ。黒酢は血行をよくし、血の滞りを改善する効果が期待できます。

 

豆乳は血を補い肺を潤すと言われ、女性や、鼻・喉・気管支が弱い人にもおすすめされる食材です。

 

漢方では、体と肌に栄養を与えた残りの血=血余(けつよ)が、最後に髪にいくと考えられています。元気なときは髪もつやつやしているもの。反対に血の全体量が少ないと、肌や髪にいく血も少なくなります。

 

最近、肌や髪がカサカサ、パサパサしている、目が疲れやすい、手足が冷えるという方、もしかすると血不足が原因のひとつかもしれません。ほうれんそう、にんじん、クコの実、ナツメなども、血を補ってくれる食材です。

 

余裕があれば、この時期は、大根、白菜、かぶ、たら、ホタテなどを入れても美味しくいただけます。白い食材は、秋冬に乾燥しがちな肺を潤してくれます。

 

冬の間は温かく栄養のあるものを食べて、体を冷やさないこと、心も体もゆったり過ごすことが大切です。

 

大寒も過ぎ、これから少しづつ春にむかっていきますが、まだしばらく寒い日が続きます。

 

暖かくしてお過ごしくださいね。

 

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

 

*特定の症状がおきる原因はひとつとは限らず、いくつかの要素が重なり合っている場合があります。また、同じような症状でも、原因は人それぞれ違う場合があります。

 

参考文献:『うちで食べる台湾式ごはん』(マイナビ)

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

​ Copyright © 2019  espiral.  All rights reserved.