SINGLE POST

◆キレイと元気をつくるレシピ!:春の元気をサポートする「グリーン・ベジのオリーブオイル蒸し」

February 8, 2019

今日は、肝機能を助ける菜の花や、消化器を元気にしてくれるキャベツやブロッコリーがたくさん食べられる「グリーン・ベジのオリーブオイル蒸し」をご紹介いたします。​​

 

心と体のコンディションを整えていただくために、コンサルテーションではお食事のアドバイスをさせていただくことがあります。

 

漢方では、立春からの3カ月間を春といいます。

 

血の巡りがよくなる春は、「肝」の働きが活発になると考えられています。また、春はウィルスや細菌の活動も活発になるため、解毒を担う「肝」への負担も大きくなります。

 

「肝」が活発に働きすぎると、血圧上昇、のぼせ、めまい、不眠、目の充血などがおこりやすくなります。「肝」は自律神経とも関係があるため、情緒不安にもなりやすくなります。

 

菜の花は「肝」の機能を高め、春先の心と体のバランスを整えてくれる代表的な食材です。

 

また、「肝」の働きが過剰になりすぎると、消化吸収が弱まり、だるくなったり、疲れやすくなることがあります。そんな時は、胃の働きを助けるキャベツやブロッコリーなどの甘味のある食材が元気回復におすすめです。

 

気の巡りをよくするセロリ、みつば、ミント、パセリ、パクチー、ニラなども春におすすめの食材です。ご自分にあったものを、毎日のお食事にとりいれてみてくださいね。

 

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

 

【基本の材料】
▪️菜の花 1束 (またはブロッコリー1/2ケ、またはキャベツ1/4ケ)
▪️ベーコン 3枚
▪️オリーブオイル 適量

▪️水 大さじ1(加減してください)
▪️塩 少々

▪️黒コショウ 少々

 

【基本のつくりかた】

1. 硬い茎の根本部分をおとした菜の花を「ストウブ」に入れて、塩、水を加え、半分にカットしたベーコンをのせて、オリーブオイルを回しかけます。

2. ふたをして、弱めの中火で蒸し焼きにします。

2. 菜の花に火が通ったら、黒コショウをふります。

 

完成!

 

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

 

わたしは愛鍋「ストウブ」を使用していますが、ほかのお鍋でも美味しくつくれます。ベーコンのかわりにアンチョビやニンニクを使用しても美味。

 

とっても簡単で、とっても美味しいおすすめレシピ!

 

お試しくださいませ!

 

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

 

*漢方などの東洋医学の世界では、「肝=肝臓」ではなく、広い範囲の心身の働きを意味しています。

 

*特定の症状がおきる原因はひとつとは限らず、いくつかの要素が重なり合っている場合があります。また、同じような症状でも、原因は人それぞれ違う場合があります。

 

参考文献:

『薬膳・漢方の食材帳』監修 薬日本堂(実業の日本社)

『女性力を高める薬膳ごはん』(マイナビ)

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

​ Copyright © 2019  espiral.  All rights reserved.