top of page
  • 執筆者の写真Tomoe Takizawa

自由と希望の世界へ Create a New World.


テクニカルな問題で、数日の間、HPがアクセス不可になっていました。ご迷惑おかけしてごめんなさい。


という訳で投稿がとても遅れましたが、世界中でディスクロージャーが始まっています。そして、加速します。


まずは、こちらから。




Fox を去ったタッカー・カールソンが、ツイッターに "タッカー・オン・ツイッター"という新番組 を立ち上げました。


既に2回放送され、ウクライナのダム爆破や人種差別問題、UFOなど様々なニュースを独自の視点から報道しています。


ここではその一部と論点のみ要約します。



Credit: Tucker Carlson



エピソード1


メディアと権力者は、何十年にもわたって国民にウソをついてきた。自分たちが真実だと主張することを、何度も何度も繰り返すことで真実味が増してくるトートロジーというやり方で、嘘を真実として私たちに刷りこみ、疑問を持つことや質問の余地を与えないようにしてきた。


ほとんどの場合において、メディアは重要な記事を無視する。例えば、数日前、News Nationによる 元空軍将校の内部告発に関するインタビューがあった。米政府が何年も前に墜落したUFOとそのパイロットの遺体を保有しているという内容だ。ペンタゴンは高度な兵器システムを構築するために、この地球外生命体の遺体を何十年も研究してきたという。普通ならこれは爆弾ニュースだ。でも、メディアは報道しない。だから、実際に何が起こっているのか誰も知らない。


一部の人々が情報へのアクセスをコントロールしている。本当に重要なことについて話をしようとすると、彼らはあなたを黙らせる。こうして私たちをコントロールしている。


私たちは嘘に操作され、タブーに沈黙して生きている。私たちは真実を知ることができず、メディアはそれでよしとしている。


秘密主義はコントロールのパワフルなツールだ。私たちは指導者が何をしているのか知ることができない。それは民主主義ではない。それはとても不健康で、私たちの人間性を奪っていくものだ。



エピソード2


世の中がおかしくなっている。昔の制度のほうがまともだった。国民はタブーを利用して自らを統治していた。ルールは頻繁に変わらないので、何が許されて何が許されないかを知っていた。タブーは自然発生的なもので、集団的経験と本能・直感から生まれる。これは、二つの最も信頼できるガイドだ。タブーを大切にしよう。説得されない、正当化されないようにしよう。



ここまで。



『日本人が奴隷にならないために-絶対に知らなくてはならない言葉と知識-』



そして、日本も同じ。


2023年5月10日に初版発売で、すでに3刷の重版。



まえがきより。


「保守」や「右翼」を自称する政治家たちが、外資から献金を受け取り、自由貿易によって主権を放棄し、種子法の廃止によって伝統農業を破壊し、企業や、株式や、土地や、不動産や、年金や、インフラや、水道を外国に売り飛ばしている。


「社会の木鐸(マスメディア)」は権力を監視するのではなく権力の広報となり、内閣支持率や世論調査を捏造し、危険な法案や条約の成立を隠蔽し、周辺国との緊張を煽り立て、改憲の世論形成に狂奔している。



ここまで。





共通しているのは、無知と無関心はいけないということ。


恐れに決断を委ねてはいけないということ。


恐れは私たちの思考を麻痺させる。


タッカーの言葉を借りるならば、恐れはコントロールのパワフルなツールだ。


真実を見極めることが大切。


真実を知っていれば、選択し、行動することができる。


何を信じるかは、精査して自分で決める。


直感を磨こう。


タブーを大切にしよう。


思いやり、助け合っていこう。


私たちの世界の大きな変容の時。


前向きに、バイブレーションを高めていこう。


自由と希望の新しい世界に向けて。



**************************

出典:

TUCKER ON TWITTER


TUCKER ON TWITTER


NewsNation


『日本人が奴隷にならないために-絶対に知らなくてはならない言葉と知識-』秋嶋亮(白馬社)













Commentaires


Les commentaires ont été désactivés.
bottom of page